へたれゴルフサークル横浜前進四打会のメンバー達による愚痴、ぼやき、戯言です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年メジャー第2戦の全米オープンはジェフ・オギルビー(オーストラリア)がメジャー初優勝。
ゴルフと関係ないけどジェフ・オギルビーは英国王室の遠縁に当たる良血らしいです。

最終日、最終ホールまで単独首位だった優勝候補ミケルソンは、最後の最後にダブルボギーを叩いてしまい2位転落。メジャー戦3連続優勝の夢は消えました。

日本勢では今田竜二が、日本人の全米オープン歴代成績6位となる12位タイと大健闘!
ちなみに日本人の全米オープン歴代成績最高位は1980年の青木功プロの2位です。この時優勝した帝王ジャックニクラウスと青木功プロとの壮絶な戦いは「バルタスロールの死闘」と呼ばれ有名です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zensin4.blog13.fc2.com/tb.php/20-43ce4c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。